HIROKI NAKAMURA

中村 洋基
PARTY Creative Director / Founder

hiroki

Profile

人と人とのコミュニケーションに「遊びのルール・しくみ」をひとつ足すことで、単なる日常がエンターテイメントに変わる、という手法に興味をもつ。
エンジニア出身であることから、プログラミングや、データが持つ面白さと、SNSなどのコミュニケーションを利用したアイデアを組み合わせてつくる、新しいエンターテイメントを模索している。

Biography

1979年生まれ。
株式会社電通に入社後、初期はバナー広告で大量の作品をつくっていたが、その後、インタラクティブキャンペーンを主として手がけるテクニカルディレクターとして活躍。

2011年、4人のメンバーとともにPARTYを設立。

代表作に、「SLAM DUNK 10 days after」、サントリー「集中リゲイン」、地上波テレビとスマートフォンを連動させた「MAKE TV」、レディー・ガガの等身大試聴機「GAGADOLL」、トヨタ「TOYOTOWN」の全デジタルキャンペーン、「しずかったー」、涼宮ハルヒの憂鬱「Haruhi Hunting」、SCRAP、バーグハンバーグバーグとの共同企画「こんな男は絶対モテる!」など。

広告以外にも、リアル脱出ゲームのデジタルプロジェクト「REGAME」、バスキュールとPARTYによるART&CODE スクール「BAPA」の中核メンバーとして参加。吉本興業の映像メディア「YNN」、トヨタのコンセプトカー「FV2」「FCV PLUS」のライブ演出なども手がける。

国内外250以上の広告賞の受賞歴があり、審査員歴も多数。
TOKYO FMのラジオ「澤本・権八のすぐに終わりますから。」毎週ゲストパーソナリティ。

中村式麻婆豆腐レシピ

s_007n

中村式麻婆豆腐のレシピです。
これは、陳麻婆豆腐のレシピをもとに、適当に微調整を続けていたら至った至高のレシピです。

まずココで、ピーシェン豆板醤、甜麺醤、どうち、花山椒を買ってください。
市販で集めるのはめんどくさいし、ピーシェン豆板醤は売ってません。
下記してある他の材料も買ってもいいかも。

材料(2〜3人分)
1:
牛豚挽肉 250g(適当でok)
紹興酒 大2
にんにく 大1
生姜 大1
2:
豆板醤 大1
甜麺醤 大1
ドウチ 大1
鷹の爪 1/3〜1/2
3:
味覇 大1
長ネギ 一本
豆腐 絹ごし1丁(固めがあればベター)
水 150cc
しょうゆ お好みで大1
片栗粉 小山盛り1

ゴマ油 適当
花山椒 小〜大1

ほとんど大さじだけでできる、らくちんレシピ。

1) 1をゴマ油で炒めます。まず牛豚挽肉を弱火でカリカリまで炒めると、うまい油が出てきます。
そこに、みじん切りにしたにんにく、生姜を投入。紹興酒をかけて、炒めながら少々の焦げ付きをこそげ取る。
以降、鍋はずっと弱火でいいです。

2) 2を投入。多少炒めたほうが美味いと言われていますが、ジャンは焦げやすいので、そこそこで。超濃縮状態ができます。
鷹の爪で、辛さがほぼ決まるので、初めてのときは入れなくてもいいです。辛いのが好きなら、入れたら確実に上手くなる。タネ抜いて。

3) 3を投入。豆腐は手の上で切る。丁寧にやると、一度茹でておくと水気も出ずいい感じ。だけどやらなくてもいいかな。ネギは、白い部分は小口切り、青い部分はみじん切り。
味覇と水を先に入れて、味を見ます。

豆腐を入れると、以降は攪拌しづらくなります。おたまの背の丸いところでやりましょう。

一度火を止めて、片栗粉を少量の水で溶いて入れます。そのあと、ガーッと火を入れる。片栗粉はきちんと火を入れたほうが美味いらしい。

4) 最後に、花山椒をミルで挽いてぶち込みます。大量にぶち込むと本格派になるが、食べながら足してもいいものです。そして、ゴマ油を軽くまわしかけてコーティング。もちろんラー油でもいいです。

ごはんを炊いておくといいです。
なぜなら、客人がうまく感じるように、ちょっとしょっぱめにしてるからです。

ここまで読んだらこれを見てください。

押さえるべき部分はだいたいここでわかります。
レシピはちょっと違うけど、ぼくのほうがわかりやすく美味いと感じるはず。

おためしあれ〜。

鼻中隔湾曲症の手術 入院1&2日目

鼻中隔湾曲症とは、その名のとおり、
鼻が曲がって鼻呼吸に悪影響を与えている状態のこと。

実は、「鼻が曲がっている人」は日本人の9割だという。

鼻中隔湾曲症 手術」でググってみると、ここ数年のブログ投稿がとみに多い。
術例が急上昇しているということがうかがえる。

ここには、どうやらカラクリがあるようだ。
だいたい、ひと手術あたり、全身麻酔+1週間入院で、30万前後かかる。
以前は、手術をしたその日に入院せず帰宅したり、全身麻酔をせず部分麻酔で手術、というハードボイルドなやり方もあったらしいが、絶対死ぬので「全身麻酔&術後一週間入院」が「アラ、これならいい感じ」と確立されてきた。これならクレームも少なく術後いい感じで送り出せるだろうと。

これで、晴れて日本人の9割ターゲットの、ビッグビジネスやー!!

という医療関係者の思いが、背景にあるのではなかろうか。

 

【入院 1日目】

余裕

うすら笑いを浮かべている。
余裕である。

それもそのはず、入院初日は、メシを食べて寝てればOK。

手術について、説明を受ける。

全身麻酔は20万人に1人、死亡例が出ますけど当院ではまだ1人もいません、とか、手術後まれに、鼻の骨の左右のついたてが欠損し、鼻がストンと落っこちてしまう(こわい)ことがあるけど、まあ大丈夫、などと「万が一」の話をされる。

このへんも「まあ、ないけどね」前提なので、余裕しゃくしゃく。

ぼくが入院したのは、目黒の共済病院なのだが、
どうも、ひとつひとつの事例を聞くに、「慈恵医大のやり方で~」「慈恵医大でつちかった知見があるから~」などと話が出るので、どうやら鼻中隔湾曲症のパイオニアは、新橋の慈恵医大病院なのだろう。

 

ひとつ、カルチャーショックを受けたことがある。

入院初夜、看護婦さんがこう告げた。

02

「手術前日、眠れなかったら、眠剤出しますので言ってくださいね」

えっ?

いや、ぼく、まだ全身健康体なんですが。
いいの?睡眠薬なんてもらっていいの?

……そう。

いったん入院すると、どんな健康であろうが、眠剤無法地帯なのだった。

中村の調べによると、中島らも先生時代の、アルコールと一緒に服用して人生のメリーゴーランドにタリラリランと誘われる、「あの」眠剤のイメージはそこにはない。
もっとカジュアルなものになっていたのだ眠剤は。

非ベンゾジアゼピン系の、「ゆるい効きで副作用が少なく、さっくりと睡眠に誘われる」薬の開発が進んだ結果、平和な眠剤や痛み止めは、カジュアルに「ください」というだけで、コンスタントにもらえちゃうのです。

中島らもの睡眠薬倒錯型自伝的エッセイを、栃木県の片田舎で数多く読んで煩悶してきたぼくは、まったく体調が良好なのにもかかわらず、一も二もなくナースコールをして「ちょっと眠れないんす」と述べて、アモパンを処方してもらった。

タリラリランもなく、たおやかに眠りについた。

ちょっと残念。

 

【入院 2日目】

手術である。

ぼくは、朝いちばん、9時の回。

鼻中隔湾曲症の手術は、いまは全身麻酔がメジャーである。

なぜなら、鼻中隔湾曲症、および粘膜・鼻茸の切除術は、まずトンカチとノミで、カンカンと左右の鼻の骨を削り、そのあとスパナ状のもので粘膜をもぎとるらしい。そんな阿鼻叫喚のさまを、直視しなければならない部分麻酔では、やはり無理があるようだ。
(※最近は内視鏡を使い、もうちょい近代的になっているようです)

いっぽう、ぼくは全身麻酔にあたり、またしても淫靡な期待をしていた。

友人のアートディレクター、それもふたりから、「全身麻酔はどうやら気持ちイイ」という前情報を受けていたからだ。

このふたりから。

03 04
汎用人型決戦兵器・クラタスのプロデューサー カイブツ 木谷友亮氏

06
陶芸家 平石ミナ氏

両者とも、右脳だけで生きているような、どうしようもない快楽主義者だ。
このふたりの「ちょっと気持ちいい」はまちがいない。チョー気持ちいい可能性がある。
とくに、ミナさんから「全麻、ちょっと気持ちいいですよ」とメッセージが来たときは、
ちょっと勃起した。

ぼくは、薬効フェチなのだ。

 

07(※イメージ)

手術室に入った。
共済病院の手術室は、ドラマさながらの清潔でサイバーな趣だ。

左腕に、点滴の針が刺される。
「では始めます。麻酔が入るとき、はじめ腕がピリッとしますよ」

ピリッ。

「あ、ほんとだ、いまピリッとしま」

black

 

手術終了。

 

お、終わっとるー!!!!
気持ちいいどころじゃねー!!!
気持ちよさも感じる間もなく、速攻で闇に叩きこまれた。なんだこりゃすげー!!

余談だが、この全身麻酔チオペンタールは、アメリカでは死刑などにも使われるらしい。
さらに、マフィアの自白剤にも使われるというワクドキの薬だ。
この全麻で死刑になるなら、正直、ぼくにもイケるかもしれない。
それほどにすごい効きだった。

「中村さん、中村さん、おはようございます!」
「うーん……あ、おはようございましゅ……」
意識が戻った。
「手術、全部ぶじ終わりましたよ」
「あ、そうで……」

 

痛痛痛た痛痛た痛た痛痛痛痛痛痛た痛痛痛痛痛痛痛痛た痛痛痛痛痛痛痛たたたた痛痛痛た痛痛た痛た痛痛痛痛痛痛い!!!!!!!!!

メチャクチャ鼻が痛い!!!!
「痛い」が、意識と二人三脚で、向こうから超絶ダッシュで押し寄せてくる。こんな感じで。

(※BGM)

この痛みは、例えると、真っ赤に熱された火箸で鼻フックされてるような……
千枚通しで鼻を貫通されているような……
……いや、これはまるで、

鼻の骨をノミとトンカチでトントンやられたあと、鼻の奥の肉をスパナでブチッと取られたような痛みだ!

 

 

 

08

もはや虫の息。

涙が止まらない。

鼻呼吸は当然できない。いや、その鼻じたいが、ごっそりもってかれたような痛みだ。
急ぎ、カンチョー型の強力な痛み止めを注入してもらったが、ぜーんぜん効かない。

「す、すみません、最強の痛み止めください!痛すぎます!!」

ナースは、やれやれまたか、という落ち着き払った顔。

02
「ちょっと待っててくださいね」

 

 

 

しばらくして、ナースが新たな点滴薬を持ってきてくれた。
すかさず薬名をチェックする。

「ソセゴン」

なんだかすごそうである。「ゴン」が効きそうだ。

なんでもいいから、すぐそれを打ってください!!
こちらは、STOP THE TIME & SHOUT IT OUTなガマンできない状態なのだ。

……いや、しかし、ここで冷静にならねば。

よもや、このソセゴンという薬は、生理食塩水みたいなプラシーボ薬ではあるまいか?だとしたら、いちどこれをまた点滴されはじめたら「もっと強いの」を懇願することは難しくなる。それは全力で非難します、断固非難します、とテロに対する安倍総理の姿勢ばりの勢いで(どうでもいいが、「断固非難します」って、「超豪腕でふりかぶってすごい勢いでナデナデします」みたいな接頭辞は力強くてやることは小さい、という政治的言語ですよね)、朦朧としつつも懐のスマホから「ソセゴン」をググる。

朦朧としていても、こういうことは欠かさずやるのが薬効フェチである。

——–
【ソセゴン】
中枢神経にはたらきかけて、麻薬(まやく)に準ずる強力な鎮痛作用を発揮する薬です。
——–

 

マーベラス!!!!!!!!

こ、これだァーッ!!!

すぐ入れてくださいッ!!

 

02

「はいはい」

 

 

 

チューーーーーー

090929_160839

 

ガクッ

10_2

 (※BGM)

11

12

 

つづく。

鼻中隔湾曲症という手術をした (1)

先日、入院して「鼻中隔湾曲症」の手術をした。

なぜ、やったのか

そもそも、頭痛もちでないのに頭痛が頻発し、虫歯でないのに歯が痛い、ということが頻発していた。
で歯医者に行ったところ、
「ああ、これは虫歯じゃなくて、副鼻腔炎ですね」
と診断された。

耳鼻咽喉科(だれもが「淫行科」と反芻しているにちがいない)に行ったところ、
副鼻腔炎とは、ようするに蓄膿のことで、左右のほお骨の裏の袋に、鼻水がたまるんだとか。
「どれくらい溜まっているか、CTスキャンで診てみましょう」ということになった。

CTスキャン後。

「ははあ、けっこう溜まってますねえ…」
「溜まってますか」
「コレ見てよ。わかるでしょ?」

hanact.jpg

いや、わかんない。


医師は、まあなんか、溜まってると言われればそうなのかもしれない、白い部分をペンで指した。

たいがいレントゲンの類の「これはけっこうキテる」は、「言われりゃ確かにそうかもしれない」というくらいしか画像の違いがわからない。なんとかしてほしい。レントゲン詐欺が横行できそうだ。

さらに先生はつづける。

「中村さんのばあい、鼻の曲がりがすごいことになっていますね」
「はあ、そうなんですか」
「そうですよ。鼻で息、しづらくないですか?」
「……生まれたときからこうだったもんで」

人の指が本来6本指だったとして、ぼくだけ5本指だったとき「なんか足りてないっぽくない?」と言われても、別に何も感じないだろう。それと同じだ。

「これ手術したほうがいいですよ」

!!!!!!

手術!
好奇心が首をもたげた。

医師の先生の話はこうだ。

  1. 鼻中隔(左右の鼻のついたて)を削ってまっすぐにする。
       ぼくは、「Z」の形に曲がっているらしい
  2. 下鼻甲介切除
      アレルギー性鼻炎で、鼻がふさがるのは、ここが腫れるせい。
  3. 鼻茸の切除
      副鼻腔炎を繰り返すとできるポリープ。きのこが生えてるみたいなイメージ。

この3つが人よりひどい状況なので、すべて切除する。

 聞くだに、術後はメチャクチャスッキリしそうで、魅力的な話だ。

ぼくは、花粉症の時期には、まったく鼻で息ができなくなることもしばしばで、
「ナザール」という、強引に鼻づまりを開放する点鼻薬などに頼りっきりになる。

100214_173352.jpg

スギ花粉の感応度を見ると、だいたいグラフがプリンタ用紙を突き抜けている。

img0ca2eb75zik8zj.jpeg

今よりも、鼻のとおりが痛快によくなる状況とは、どんなものだろう?体験してみたい。

そもそも、ラジオなんかで毎週しゃべらせていただいているが(毎週土曜午前1時から、Tokyo FMの「澤本・権八のすぐに終わりますから」聴いてね♡)、ぼくの鼻づまり声は非常に聞き苦しい

こういうのが改善されたら、とてもうれしい。

「やりましょう」

気がつくと、ぼくは、孫さんばりに答えていた。

以下は、きっと、ぼくのように「鼻中隔湾曲症」で手術する人がググったとき、何かの足しになればと思い、段階を追って書こうと思います。

そして、じつは、結論を書いてしまうと、

やらないほうがいい
ということになってしまうのですが、
理由は、またのちほど。

ビッグデータロマンと地球滅亡の間(つづき)

(これは、アドバタイムズの記事のつづきです)

すべての情報が相互に共有され、自己と他者の境目が曖昧になってきたとき、
Tポイントカードの人類補完計画は完遂する。

ありとあらゆる日本のスタートアップビジネスが、イマイチ台頭できないなか、
このウルトラダークグレーゾーンを突き進みながら、ひとり人類補完計画をやっている超ベンチャー企業ことカルチュア・コンビニエンス・クラブは、ウルトラパンクな会社として、ホント応援しているんです。

 

惜しいのは、よくも悪くも、あの「カード」という形態だ。
もうぼちぼち、カードという形、いらないんじゃないかと思う。
いっそ、新生児が生まれた瞬間から、心臓にTポイントカード埋め込んでくれたほうがいい。
所持者の心臓が止まったときに、Tポイントの効力が失われる。

 

そうすれば、ファミマの店員も「あのう……Tポイント……」などと言わなくても、
ぼくの体内に埋め込まれたiBeaconとかでTポイント加算してくれればいいじゃないか。

 

ならば、さらに進めて、
Tポイントに人生そのものを記録してもらうのはどうだろう?

子供の親になってみて、「どうも継承と進化というものは効率が悪い」と思う。

たとえば、うちの子はいまだに「とうもろこし」を「ぽーころし」とか言っている。メチャクチャかわいいんだけど、心のどこかでは、面倒臭すぎる。いっそぼくの人生体験をFinal Cut Proで切り刻んで70時間くらいに圧縮してもらって、それ見てもらって「はい、ヒロキの人生はマスターしました」などということにしてほしい。

 

そのレベルになると、

もうTポイントも、ポイントですらなくなる。
「T」そのものになる。

 

「T」は、ひとりひとりの心のなかにある神性とか、
そういったものになるーー。

 

旧約聖書で、キリストが磔に処せられていた場所は、何だ?

 

 

……十字架だよ。

 

そう。
あの「T」の形と、ゴルゴダの丘に掲げられていた十字架は、完全に符合する!

つまり、Tポイントこそ、人類の原初であり、人類の滅亡を意味していたんだよ!!

 

 

な……なんだってーー!!

 

 

おい、ちょっとカルチュア・コンビニエンス・クラブの「CCC」を書いてみろ。

 

 

『こうですか』

 

 

「c」の穴を埋めるように、縦線を3本引いてみろ。

 

 

『こうですか』

 

 

それを左右反転してみろ。

 

 

『こうですか』

 

 

何に見える?

 

 

『こ……これは……【bbb】に見えます!!』

 

 

ちがーーーーう!
【666】だーー!!!

ええーーっ!!?

 



ヨハネの黙示録に記述されている、「獣の数字」だ!

地球は、滅亡する!

 

 

な……なんだってーー!!

 

 

 

CCCさん、賢いデータの使い方、尊敬しています。

< 完 >

 

ACCインタラクティブ部門審査しました

審査しました。
ちょっとみんな見てくれ。この受賞作品数を。
インタラクティブ部門:GP1 金0 銀4 銅3 ファイナリスト5。

他の部門はどうか。
テレビ部門:GP1 金9 銀10 銅22 ファイナリスト63
ラジオ部門:GP1 金3 銀4 銅12 ファイナリスト36
はじめての、ACCインタラクティブ部門。ちょっと受賞作が少なすぎやしないか。応募総数比率で考えるという手もある。しかし「ゴールド0って、どゆこと?」とお嘆きの諸兄も多いかと思う。
これはひとえに、インタラクティブ広告業界の迷走っぷりを現している。
と思う。
もともと、2004年ごろから世界的に、日本のインタラクティブ広告は全盛期を迎えた。
「国際広告賞・なんだかわからないけどポンポン獲れちゃう現象」だ。
CM業界や広告グラフィック業界の大先輩たちが「俺たちがいくらがんばってもなかなか手が届かないんだよねー」と、いわゆるカンヌだとかワンショウだとかの「すごい賞」が、日本はさくさく受賞できてしまう一時代があった。かくいう私も、さくさく受賞できてしまって「俺すげえかも」と誤解して、独立してしまったクチである(いや冗談です)
この現象には、いくつかの要因が重なっていた。
Flashという、デザイナーでも安直にプログラミングができるソフトでつくる「スペシャルサイト」が業界標準になっていたこと、日本語が伝わらないから非言語的なコミュニケーションをしたこと、圧倒的なクリエイティブで業界を牽引した中村勇吾氏の存在、もともと細部の緻密な部分までこだわりクオリティを上げるナショナリティ……そして、東京インタラクティブ・アド・アワードというコミュニティに似た登竜門の存在だ。
これらが、ここ数年で、すべて失われてしまった。
iPhoneの台頭でFlashの価値が下がり、Objective-CやPython、WebGLやUnityなどフロントエンドに必要とされる言語が多岐にわたるようになった。スマホの台頭により、スペシャルサイト文化がほぼ消滅し、かわりに月ウン十億かせぐソーシャルゲームにエンジニア人材が流出した。ムーアの法則でCPUがどんどん優秀になり、3D表現をはじめとする表現技術の飽和。
アワードが、応募ビデオばっかり見られるビデオ文化になって、また非言語→説明の世界になったこと。インターネットが広告ビジネスで、いよいよ主人公になっていったこと。「70%のコアビジネスと20%のキャンペーン、10%のクレイジー」の「クレイジー担当」だったインタラクティブが、よりマトモなコミュニケーションを求められはじめた。
そして、コミュニティの消失。
登竜門がなくなれば、ヒーローが不在になる。若者の下克上がなくなる。批評がなくなる。
ACCのインタラクティブ部門復活は、この暗黒時代を挽回しうる、大事な契機のひとつだ。
……などということは、審査員たちの間でも議論され、「そうだそうだ!」「新しい可能性に賞をあげよう!」と酒を酌み交わしながらトキワ荘の夜のごとく熱く語られた……。
で、結果がこれである。
この混迷した業界の作品群のなかに爆誕した「Sound of Honda」をのぞいては、「イマイチゴールドっぽいものがない」ということなのである。
私は、こんなにスノッブじゃなくてよかったんじゃないかな、と思う。
だって、この結果を見てクライアントが「こういうのウチでもやれないかな」と思ったり、若者が「こういうものが穫れるのか。すごい。俺だって」と指針にするものだからだ。この受賞結果は、業界の迷走を色濃くあらわしていると私は思う。
……などと不景気なことを言っているが、審査会は、非常にエキサイティングな場だった。政治的にならずフェアに。なるべく、世界の広告賞を受賞したものより、見たことがない、評価されたことがないものに賞をあげたつもりである。
来年は、もっといっぱいあげようよ。

しずかったー

SZ.jpg

TOYOTOWNで、スマホアプリ「しずかったー」をつくりました。
「しずかったー」は、SNSに発信するコトバを、
トヨタPASSOが、自動でキレイに変換してくれるアプリ。
ネガティブな言葉はポジティブに。悪口や暴言は褒め言葉に。
悲しい時、頭にきた時…いつでも、どんな言葉でも安心してSNSに投稿できます。
PASSO☓しずかちゃん、ということで「女の子の気持ち」と正面から向き合おう、としたら、
なぜかこうなってしまった…。
私が個人的に、酔っ払ってくだらないツイートをすることの防止用になればな、と思っていたんですが、けっこう働く女の子も、グチのはけ口をさがしていると聞きました。
せいぜい1000ダウンロードくらいいけばいいかな、と思っていたら、
あっという間に話題になって、一週間で60万ダウンロードされてしまった。
こういうことってあるんですね。
これは、コピーライターと、しずかちゃんの勝利ですね。

Haruhi Hunting





hh.jpg

Haruhi Hunting(ハルヒハンティング)は、全国にバラバラになった涼宮ハルヒのイラストを集めて、新作ムービーを完成させるプロジェクト。


ムービーをひとコマずつ分割したイラスト=「カケラ」は、雑誌・コンビニエンスストア・屋外広告・Webサイトなど、 日本全国のあらゆるところに隠しました。「カケラ」をスマートフォンで撮影すると、キャンペーンWebサイト上にパラパラ漫画のように、ひとつひとつシーンが蘇ります。


とゆーのを、やってます。

中村洋基・弟子募集

株式会社パーティーでは、いま中村洋基の弟子を募集しています。
弟子、といっても、手厚く育てたいとか自分の手足となってくれる人がほしいんではありません。
私の寝首をかき、「お前の時代は終わった」と、下克上するような人が欲しいのです。
下克上の例
以下に5個以上あてはまる人。(●は必須)
●代理店かプロダクションで3年以上の経験あり
・現在コピーライターかプランナー、ADかTDで、はやくうるさいCDを抜いて自分で好きなようにやりたい
●HTMLとjavascript、サーバーサイド言語は、まあ書ける。
 少なくとも意味はわかる。できればフロントエンドかサーバーサイドに得意な言語がある。
・Photoshop, Illustrator, Final Cut, After Effects, どれかの3Dソフト,
 がまあ使える。
●アイデア出すのが好き
・賞取ったことある、もしくは自分ならとれるんじゃないかなーと思う
このページの意味が理解できる
・広告は好きでもあるし嫌いでもある。
・すぐやめない
・作り手にリスペクトがある
こちらから!
どしどし応募してね。まってるよー

続きを読む

Drive-Go-Round

spn2.jpg

TOYOTOWN「Drive-Go-Round」を制作しました。
ハイブリッドカーSAIに乗り、助手席に座る真木よう子さんとの首都高ドライブを360度カメラで追想できる。

「つきあいはじめ」「いい感じのとき」「別れる直前」を、同じ時間軸の中でスイッチングできる、変態的なコンテンツ。
辻川監督&バスキュール馬場コンビの世界観、炸裂してます。
描きおろし劇中歌「無限ドライブ」、作詞は澤本さん。

Flashサイトに加え、スマホアプリもあります。