タグ別アーカイブ: ブリック・レーン カレー インド ロンドン

インド人ウソつかない 〜ブリック・レーン〜

「ロンドンに着いたら、インド料理を食べるといいよ」

これは定説である。
3人くらいの人に、同じセリフを聞いた。

ロンドンは、かつて植民地だった理由からか、インド料理屋が比較的多い。
実際、カレーの種類も豊富で、より本格的な味らしいのだ。
なかでも、密集しているインド人ストリートが、この「ブリック・レーン」である。
ちょうど、ロンドンの、あまりおいしくないごはんにも辟易してきたところだ。
カレーが食べたい。

私の愛読書「わがまま歩き ロンドン」にも、
「ブリックレーンは最近アツい」とある。(2004年版だけど)

私は今、猛烈にカレーが食べたい。

うまいカレーと出会うには、カレーそのものとのエンカウント率を上げるのみ。
そして、直感で「ここだ!」と思ったところに、入るのだ。

リヴァプール・ストリート駅から歩いて10分。

s01.jpg

ついた。

s02.jpg
西洋とインドが入り交じった、なかなか素敵な街並みだ。

s03.jpg

さて、カレー屋は……と探すと、やはり結構ある。
パッと見た感じ、特にすごく賑わっているところもない。どこに入ればいいだろう?
愛読書「わがまま歩き ロンドン」にも、
「カレー屋は味を競っていて、甲乙つけがたい」とある。

いったいどこに入ればいいのか……ん?

s05.jpg

お、この店、「BALTI HOUSE」という何かで、4つ星半のレーティングをとっている。
なるほど。賞を取っている店なら、うまいに違いない。
お客さんも入ってるみたいだし、ここにしようかな。

……あれ?

付近を見渡すと。

s06.jpg

BBC「ワールドベストカレー賞」ノミネート

s08.jpg

マスターシェフオブザイヤー (2006年、2007年、2008年)


s04.jpg

ブリックレーンカレーフェスティバル2009年ウィナー


s05.jpg

ウィナーオブETHICAL(エスニカルの間違い?)&グッドフードアワード2009年、2010年

なぜか客引きは顔を隠す。

s09.jpg

ザ・ベスト・オブ・ブリックレーン
(※自称)

……おい。

全部聞いたことないぞ。

これはもしかしてあれか。

「中村インタラクティブ・アド・アワード2010年グランプリ」とか
「宇宙公認・江東区Web広告祭10年連続クリエイターオブザイヤー」
みたいなことか。
よく見ると、不思議なことに、
お客さんはすべて、一番店先に座っていて、奥はガラガラだ。

これはおそらく、お客が入っているように見せかけるために、必ず店先に座らせるシステム(もしくはサクラ)なのではないか。
……すべての店が信用できなくなってきた。
さすがインドクオリティ。
しかし、結局マスターシェフオブザイヤーの店に入った。
当然のごとく店先に座らされた。
ボーイに「マスターシェフオブザイヤーはどの人?」と聞いたら、
「は?」
「いやだから、この看板に書いてあるマスターシェフって、あのシェフのこと?」
「…あ!あーあーあー!……ちょっと待ってて」
と、店の奥に戻り、厨房のシェフらしい人と何か会話。
うなずくボーイ。戻ってくる。
「今日はいないよ」
……おい。
それ厨房で確認する必要あるのか。

「『今日は居ない』って言え」って言われたんですね。
万が一「あの人だよ」などと、適当に言ったら、そのあとぼくが「マスターシェフの証とかあるんですか?」と絡んできたりする可能性を憂慮して、「居ないっていっとけ」という決断が下されたのであろう。

つーか、いないのかよ。マスターシェフがウリなのに。

実は、カレーは結構本格的な味で、うまかった。しかも安い。
日本では、ここまで本格的にスパイスの効いた、いろいろな種類のカレーを出している店はそうそうないに違いない。
だから騙すな。