HELP US!

首と顔がメチャクチャかゆい。

風呂上がりと起きたときが、んもう死ぬほどかゆい。
どうやら、寝ているときに掻いているのか、悪くなるいっぽうである。
けさ、血管の辺りを掻いたら、朝起きたら流血していた。

首のまわりが真っ赤になってしまって、
当初は「キスマークですかそれ」などとからかわれてたのだが、
先週あたり、はたしてキスマークなら100Pでもしたのかお前は、という
ウォーキングデッドさながらの様相を呈してきた。

皮膚科に行った。

「中村さん、これ、ヘルペスの可能性があります」
「へ、ヘルペス?」
「はい、正式には、ヘルペスカポジ水痘様発疹症というんですが」

か、カポジ?

カポジといえば、あれではないか。
HIVポジティブの初期症状に、たしかそんな名前が……。
一瞬サーッと血の気がひいた。
「ヘルペス」というのも、なんか性病っぽいではないか。

ガックリして、病院を出た。

検索したら、こんなかんじ。

などなど、さまざまなひどい症状が散見された。

(※注:これは最も軽度な部類です。
 ハスコラ等苦手な方は、絶対に画像検索しないほうがいいです)

むかし、こんなバナー (ID:interactive / PW:salaryman)つくったことがあるが。

いや、そんなはずはない。
そういった類のエロスは、まったく身に覚えがない。

XVIDEOでエイズが感染るなら、別だが。

(余談だけど、「XVIDEOってGoogleと同じくらいのビューがあるらしい」 と、Cakesの加藤さんが言ってました。すごいっすね)

ともあれ、いち経営者として、
「何その首」
「ヘルペスっす」

というのは、何だかすごくまずいような気がする。

若いころは私は非常にアナーキーで、
会社のルールは守らず、ナイフのように尖ってて、盗んだバイクで走り出す(という歌をこよなく愛する)ような男だった。

しかし、時は流れた。

私には、小さいながら、社会的責任というものがある。
いまの私の「ヘルペス中村っす。でへへ」は、それこそ極端な話、
「三木谷社長はクラミジアで株主総会を欠席されました」
ということと、ほぼ同義である。

お医者さんに、
「とりあえずこれ出しときますね」
と言われて出されたのが、スギ花粉症のときもらったのと同じ、「アレロック」という薬。

……あら?これで効くの?

どうやら、まずはアレルギーの線を先に疑ったほうがいいらしい。
小学生までアトピーだったし。

で、一週間飲み続けた。

結果。

ヘルペスじゃありませんでした。
メッチャアレルギー薬効きました。

いま調べたら、ヘルペスカポジ水痘様発疹症って感染するんですね。
PARTYの社員が全員ウォーキングデッドみたいにならなくて、ほんとよかった。

しかし、アレルギー薬飲むのやめると、またかゆくなってしまうんだよな。
どうすればいいのかなこれ。
本当にヘルペスじゃないのかなー。

HELP US!」への1件のフィードバック

  1. MD

    そのような意図はないとは思いますが、カポジ水痘様発疹症が性感染症であるかのように読める記載は改められたほうがよいのではないでしょうか。例として子供の写真を載せられているように、性交渉からカポジ水痘様発疹症が発症することは非常に稀だと思います。
    また、アトピー性皮膚炎をベースに発症するわけですが、その症状を「ウォーキングデッド」と称するのも不謹慎かと思います。ご自身も小学生までアトピー性皮膚炎だった、と書かれていますが、もしその頃にカポジ水痘様発疹症にかかった場合に「ウォーキングデッド」と呼ばれたらどのようにお感じになったでしょうか。
    うんこを漏らした場合とは違って、自虐のつもりがその病気を患っている他者を傷つける可能性があることをご認識いただけると幸いです。
    本来、メール等でお送りするべき内容とは思いますが、ご個人のメールアドレスの記載を見つけられませんでしたので、コメントさせていただきました。内容をご確認いただければ、削除していただいて構いません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です